弁護士のサポート

交通事故の弁護士のサポートと年齢による慰謝料の算出


交通事故の慰謝料を算出する際には、様々なポイントを把握しておく事が必要になります。そのため、弁護士の方のサポートが重要になるのです。この交通事故の基本となる補償金としては、傷害のためのものがあり、被害者の方の通院の期間や、怪我の具合により一定の金額が決まっています。

また、後遺障害のための補償金は、後遺障害の等級に応じて決まっている事が一般的です。そして、万が一、交通事故により被害者の方が死亡してしまった際には、死亡した方と遺族に対して補償金が支払われます。この補償金の金額は、死亡した方の年などにより、決められている事が多いのです。   

また、交通事故で後遺症が残るような場合で、被扶養者がいるケースでは保証金がさらに大きくなります。これは等級にも関係しており、支払われる金額にも大きな差が出ますので、等級の認定が重要な要素になります。しかし、この認定は様々な状況が考慮され、等級の認定が変化する事もあり、裁判所が補償金を決める事もあります。
そして、この保証金は、被害者の治療のためにも支払われるもので、入通院の費用とは別に支払われます。

死亡した際の補償金は後遺障害が残ってしまったケースと同様に、自賠責保険や任意保険に加え、弁護士の基準もあり、その交通事故の状態により適切な補償金の金額が算出される事になるのです。  

また、自賠責保険の基準は、支払限度額に逸失利益や補償金など、数多くの要素があり、これらをすべて含め三千万円程度が多くなり、その中でも補償金の支払われる基準額には幾つかのパターンがあるのです。

特に、逸失利益は被害者が交通事故に遭わなければ得られたはずの収入です。これは将来的に得られたはずの収入を算定し、その金額を受け取ることになります。

これは後遺障害の場合と異なり、被害者の方が死亡した場合には、所得がなくなりますので、一定の金額が受け取れる事になります。また、生存している場合は、生活にお金が必要ですが、この場合は生活費がかかりませんので、その金額を引くことになります。
そして、この補償金では、被害者の方の年収も重要な要素となり、事故前の年収を基本に補償金が算出されます。

しかし、一定の年齢以下の被害者の方の場合は、学歴や年齢が考慮され、平均的な賃金が算出され支払われる事が多くなるのです。そして、被害者の方が無職の場合は、性別が重要な要素となり、補償金が算定することもあります。これらの要素が検討され平均的な賃金が年齢により算出される事で補償金が支払われることが大半です。