増額事由

交通事故の際に支払う慰謝料の増額事由


交通事故の際の慰謝料は、その事故の過失割合が重要なポイントとなります。この過失割合の認定は複雑で、被害者側の条件が全面的に採用されたり、被害者である側が加害者になってしまうケースなど様々です。
一般的に、保険会社が提示してくる過失割合は、専門的な機関が算出した数字により提示されることが多く、被害者にとっては不利になっていることも多くあるのです。そのため、これらの理由により補償金の負担の割り合いは異なってきます。

また、交通事故の場合は、様々な状況が考慮され、この補償金が決められますが、公平な処理のために訴訟での補償金の金額は一定の基準をベースとしたものが採用されることが多くなります。特に、補償金の増額事由に該当する事項が明確な場合には、補償金が増額される事が多くなるのです。

この補償金の増額は、事故の状況や加害者の態度などが加味される事もあります。これは加害者となった方に、故意や大きな過失といった点が見られる場合で、無免許であったり、ひき逃げの場合であったり、信号無視などに当てはまるような場合には、加害者に補償金の増額の支払いが必要になる事があります。

また、加害者の事故当時の状況で、救護しない場合や謝罪の無いケースなどは、この補償金の増額が必要となる場合も多くなるのです。

また、事故の被害者の見舞いへ来なかったり、対応に誠意が感じられないなどの状態も、補償金の増額が必要になるケースがあります。これは交通事故の加害者が被害者に対して、著しく不誠実な対応をとっている事が認められる場合で、この補償金の増額が命じられるケースもあるのです。

そして、その他の交通事故の保証金が増額される理由としては、被害者が女性であり事故で流産したケースや、被害者の親族が介護などで精神的な疾患に陥ったようなケースでも、この補償金の増額が必要となるケースがあり、加害者としては把握する事が困難な理由で、この慰謝料の増額が命じられることがあのです。

更に、加害者や被害者の事情のほかに慰謝料増額事由となるものとしては、他の損害認定と関連したもので、算定が不可能な後遺障害がある場合は、この補償金の増額が認められるケースもあります。

具体的には、事故による視覚の障害や嗅覚の障害などがあり、骨の変形などに関しても慰謝料を増額して認定することがあるのです。これは交通事故での手術費の算出が困難で、慰謝料の正確な算出が行われない事もあるために、必要な処置なのです。